2021.12.28

5分でできる。メイクスポンジ・ブラシの洗い方

メイクをムラなく均一に仕上げてくれる、スポンジやブラシなどのメイク道具。もちろん、手や指でメイクを完成させることもできますが、道具を使用することで、必要以上に手が汚れず、より自然に仕上げることができます。


そして、こういったメイク道具を最大限に活用するためには、「定期的なお手入れ」が重要なポイント。お手入れをサボって汚れた状態のまま使い続けると、メイクのノリが悪くなったり、肌トラブルの原因に繋がったり、道具の劣化が早まったりします。


メイク道具は、清潔であることがとても大切です。気持ち良く、メイクを綺麗に仕上げるためにも、定期的にお手入れして清潔に保ちましょう。今回は、ウォーペイントのスポンジとブラシのお手入れ方法をご紹介します。



用意するもの

  • 洗面器などの大きめの器
  • 中性洗剤
  • 乾いたタオルやキッチンペーパー
  • 人肌程度のぬるま湯(30~40℃)
  • お手入れしたいメイク道具


【所要時間:5分】フェイススポンジ

左側が未使用のスポンジ、右側が数回使用したスポンジ

①ぬるま湯に中性洗剤を薄く溶かす

スポンジがしっかりと浸かるくらいのぬるま湯に、中性洗剤を数滴(1~2滴)を入れて薄く溶かします。この時、高温のお湯を使用するとスポンジが傷んでしまうので、手で触ってぬるく感じる温度にしましょう。

②スポンジを押し洗いする

①でスポンジを優しく押し洗いします。強い力でのこすり洗いやつけ置き洗いは、スポンジが傷む原因になるのでご注意ください。
(洗面器や程よい大きさの容器がない方は、洗面所にぬるま湯をはって洗ってもOK!)


水分を含ませてギュッと押すと、スポンジに溜まっている汚れが浮き出てきます


③流水ですすぐ

ある程度汚れが浮いてきたら、洗面器などに水をはって十分にすすぎます。水が透明になるまで、ギュッギュッと押し出すように優しくすすぎましょう。ウォーペイントのフェイススポンジは水分をたくさん含みますので、泡が出てこなくなるまで数回水洗いを繰り返してください。




④水気を切る

すすぎ終わったら、手のひらでスポンジを包み込むようにして軽く絞ります。その後、乾いたタオルまたはキッチンペーパーで水分を拭き取ります。




⑤風通しの良い日陰で乾かす

水気を切ったスポンジは、風通しの良い日陰で乾かしましょう。直射日光に当てたり、ドライヤーや乾燥機にかけて乾かすと、スポンジが傷んでパサつく原因になるので控えてください。また、生乾きのままにしておくと菌が繁殖してしまうので、しっかりと乾かしてください。

■日頃のお手入れ

スポンジは吸水力が高いため、使うたびに流水で汚れをサッと洗い流すことが理想的です。数回使用して汚れが目立ってきたら、中性洗剤でしっかりと汚れを落としてください。少なくとも、一ヶ月に一回を目安に洗いましょう。



また、スポンジの理想的な交換目安は約3ヶ月です。表面がひび割れたり、穴が開いてきたり、使い心地が悪くなってきたら交換しましょう。


【所要時間:5分】フェイスフィットブラシ・メタル パウダーブラシ


ファンデーションが毛先について固まったり、パウダーが毛先について溜まったりしたらお手入れの合図


①ぬるま湯に中性洗剤を薄く溶かす

ブラシ部分がしっかりと浸かるくらいのぬるま湯に、中性洗剤を数滴(1~2滴)を入れて薄く溶かします。この時、高温のお湯を使用するとブラシが傷んでしまうので、手で触ってぬるく感じる温度にしましょう。

②手のひらで汚れを落とす

①にブラシ部分をつけて軽く振り洗いしたら、ブラシを手のひらに乗せてクルクルと円を描くように汚れを落とします。この時、柄の部分を水につけないようにご注意ください。また、つけ置き洗いも道具の劣化を早めてしまうためお控えください。
(洗面器や程よい大きさの容器がない方は、洗面所にぬるま湯をはって洗ってもOK!)


左側がメタルパウダーブラシ、右側がフェイスフィットブラシ


③流水ですすぐ

ある程度汚れが浮いてきたら、洗面器などに水をはって十分にすすぎます。水が透明になるまで、根元から筆先まで優しくすすぎましょう。




④水気を切る

すすぎ終わったら、ブラシの先を手で軽く握って水気を絞り、乾いたタオルまたはキッチンペーパーで形を整えながら水分を拭き取ります。




⑤風通しの良い日陰で乾かす

完全に乾くまで、風通しの良い日陰で乾かしましょう。ドライヤーや扇風機、サーキュレーターなど風をおこして乾かすと、筆先が広がったり傷んだりするので控えてください。また、ウォーペイントのフェイスフィットブラシメタルパウダーブラシは毛が密集しているため、乾くまでに1日以上かかります。メイクをする予定がない日のお手入れがおすすめです。


まとめて洗えば気持ちもスッキリ!


■日頃のお手入れ

ブラシは基本的に、使用する度にティッシュで汚れを拭き取るようにしましょう。ファンデーションの伸びや、パウダーが綺麗にのらなくなったら、中性洗剤でお手入れしてください。少なくとも、一ヶ月に一回はしっかりと洗いましょう。



また、ブラシが変形してきたり、毛量が減少してきたり、メイクが綺麗に伸びなくなったと感じたら交換のサインです。



お手入れする前は「面倒だなぁ」と思いますが、いざ洗ってみると、汚れが落ちて綺麗になっていくメイク道具を見るのはとても気持ちが良いものです。スポンジもブラシも5分ほどで洗うことができるので、気持ち良くメイクを仕上げるためにも、メイク道具の定期的なお手入れを心がけてください。


容器も使うたびにササッと拭くと、次に使う時に気持ち良く使えます!